close ☒

Tentipi Guide

テンティピ - Tentipi? Adventure Nordic Tipis


テンティピテントのルーツ

テンティピテントのルーツ

 スカンジナビアの少数民族サーミ人およびアメリカの先住民インディアンの住居をベースとしています。Lavvo、Tepeeと呼ばれる彼らの住居は、上部が開いた円錐型のシンプルな構造で、彼らは煮炊き・洗濯すべての生活をこの中で行っていました。


様々な環境をフィードバック

様々な環境をフィードバック

 テンティピテントは北極圏近くに位置するスウェーデンにて開発・テストされています。夏は30℃、冬はマイナス45℃にも達し、周りは山に囲まれ、沼地や川、森がたくさんあります。そんな自然を愛し、尊敬し、様々なアウトドアスポーツを理解しています。


限りなく風に強い形状

限りなく風に強い形状

 一般的なフレーム構造のテントとは違い、テンティピの形状は円錐に近い8角錘(15サイズは16角錘)。風を受ける力を分散するため、突風によるあおりのリスクもありません。また高い位置ほど風は強くなるもの。上部ほど細くなるこのデザインはエクスペディションな状況にも耐えうる理にかなった構造といえます。


設営が簡単なシンプルな構造

設営が簡単なシンプルな構造

 8ヶ所のペグダウン(15サイズは16ヶ所)とセンターポールを立てるだけの非常にシンプルな構造のため、慣れれば設営時間はたったの数分。構成パーツが少ないため破損の心配もなく、メンテナンスも簡単です。
※設営方法などのビデオはこちら ?


火も焚けるオールシーズン仕様

火も焚けるオールシーズン仕様

 トップとボトムには機能的なベンチレーションを備えており(Zirkon/Safir)、円錐型の形状も相まって、空気の流れを効果的に生みだすことができます。そのため温度・湿度の調節だけでなく、煙も自在にコントロールできるので、内部で焚き火を楽しむことも可能。
 オプションには煙突を備えた薪ストーブや、結露・日射し対策にもなるインナーテント、土間の位置を調整できるフロアもご用意。もちろん出入口や各ベンチレーションにはモスキートネットを備えているので、夏対策もバッチリ、シーズンやスタイルに合わせてキャンプを楽しむことが可能です。
※テント内での焚き火は上級者向けです。使用する薪のセレクト、ローカルルールとリスクをご理解の上、行ってください。



Design Feature of Tentipi
シンプルなティピー型テントと言えどテンティピには様々な機能が備わっています。




Tentipi テンティピ テント ラインナップ

極力装備を排除したオニキス(Onyx)、快適重視のジルコン(Zirkon)、そしてプロモデルのサファイア(Safir)をラインナップ。どのモデルにもコットン混紡素材(CP)とポリエステル素材(Light)をご用意しています。サイズは7と9、最大の15(Onyx Light, Zirkon CP, Safir CPのみ)があります。

Tentipi テンティピ テント オニキス シリーズ ラインナップ

オニキス CP オニキス Light
カラー ベージュ(Light Tan)
室内は暖かい雰囲気
グレー(紫っぽい灰色)
生地
Breathable Cotpolmex C.
強いコットンとポリエステルの混紡素材。この生地は「呼吸」するため、室内の湿度を適度に保ち、居心地良い環境を作り出します。ポリエステルを混ぜることで防水性能も向上。
Traillix B.
超軽量なナイロン6を使用。片面にPUコートを施しています。
機能 ・オプションのフロア・インナーテントおよびポーチが使用可能
・二つのジッパーを備えたモスキートネット付ドア
・内部から操作できる(2ヶ所)のトップベンチレーション
・風によるばたつきを押さえるストームコード
・ドライイングレイルを装着するリング
・各ストームコードはテント本体側面にまとめて収納可能(オニキス15lightのみ)
重量 7: 10.50kg
9: 13.30kg
7: 4.90kg
9: 6.10kg
15: 10.00kg

Tentipi テンティピ テント ジルコン シリーズ

ジルコン CP ジルコン Light
カラー ベージュ(Light Tan)
室内は暖かい雰囲気
パープルブラウン(濃い赤茶色)
生地
Breathable Cotpolmex C.
強いコットンとポリエステルの混紡素材。この生地は「呼吸」するため、室内の湿度を適度に保ち、居心地良い環境を作り出します。ポリエステルを混ぜることで防水性能も向上。
Traillix C.
超軽量なリップストップナイロンを使用。両面にUVプロテクトコートとシリコンコートを施しています。
機能 オニキスに加えて・・・
・水・泥に強い素材を用いたボトムスカート
・ボトムにネット付きのベンチレーション(1ヶ所)
・内部から操作できる(6ヶ所)のネット付きダブルトップベンチレーション
・薪ストーブ用チムニーオープニング
・フロアの張りを簡単に調節可能
・各ストームコードはテント本体側面にまとめて収納可能→悪天候時速やかに張ることができます
重量 7: 10.90kg
9: 13.80kg
15: 19.90kg
7: 5.50kg
9: 6.50kg

Tentipi テンティピ テント サファイア シリーズ ラインナップ

サファイア CP サファイア Light
カラー ベージュ(Light Tan)
室内は暖かい雰囲気
グリーン(深緑色)
生地
Breathable Cotpolmex P.
Cotpolmex C.よりさらに強いコットンとポリエステルの混紡素材。より張りがあるためテントをより美しく張ることができます。品質と軽さを両立した、史上最強の綿・化繊混紡素材です。
Traillix P.
テント市場で最も優れた素材の一つ、ナイロン66をベースに軽量・防水性能を追求しました。両面にUVプロテクトコートとシリコンコートを施しています。
機能 ジルコンに加えて・・・
・ボトムにネット付きのベンチレーションを3ヶ所備えているため、空気や煙をより効果的にトップへ逃がすことができます
・コットン混紡最高級素材Cotpolmex P.を採用
→より張りがあるためシワなく綺麗に張れます
→より固めの生地は耐候性・耐久性高い
※Cotpolmex C.より若干濃いベージュ色となります
重量 7: 10.90kg
9: 13.60kg
15: 21.20kg
7: 6.20kg
9: 7.30kg

ご購入ページはこちらをクリック



サイズ表

就寝可能人数は地べたに寝転んだ場合を想定しています。ローテーブルやローチェア、コットなど配置し、ゆったりと使用する場合は最小就寝可能人数以下となってきます。



モデル 7 CP 7 Light 9 CP 9 Light 15 CP 15 Light
パッキング
サイズ(cm)
27 x 62 20 x 62 30 x 70 22 x 70 34 x 84 25 x 84
就寝可能人数 4〜8人 6〜10人 10〜16人
着座可能人数 11〜14人 16〜20人 27〜35人
居住面積 10.5? 15.6? 26.4?
直径 4.5m 5.3m 6.0m
高さ 2.7m 3.1m 3.6m


デザイン・機能

シンプルながらも機能満載。薪ストーブやインナーテントなど、ご購入ページはこちらをクリック
*印のついた機能はオニキス(Onyx)には装備されません。

1. 高い空間と適度な広さ

テーブルや家具を配置しリビングルームのようにくつろげます

2. 生地(ファブリック)

強度・防水性能・重量のバランスの取れた素材をラインナップ

3. 補強素材

力がかかるストラップ部分などには補強素材をカバー

4. セントラルポール

5分割できるポールの素材には硬度アルミニウムアロイを採用

5. セントラルポール用キャップ

強度の高い編み込み素材を使用 ポールをしっかり支えます

6. カバー付きダイアゴナルジッパー(出入口)

開閉しやすい斜めのジッパー 雨の滴りを防ぐカバーを装備

7. 全周囲にストームコードを装備

暴風雨時に対応するストームコードを標準装備

8. 強力な撥水加工処理

CP、Lightともに素材に適した撥水加工済み

9. トップベンチレーション

煙や暑い日の熱気を効果的に逃がすことが可能

10. In-Tentベントシステム

中に居ながらVentilator Capを巧みに操作できる特許システム

11. ボトムベンチレーター*

モスキートネットを備えた内部から開閉できる換気口

12. モスキートネットを備えた出入口

虫のいる季節でも換気したり、景色を確保することが可能

13. インナーテント(オプション)

内部に配置するフロア付きのテント Lightにお勧め

14. 焚き火が可能な室内

天井の高い換気の優れたデザインのため、火を焚くことが可能

15. 煙突専用口*

薪ストーブを簡単にインストールできる煙突ポート付き

16. 汚れに強いボトム素材*

ボトム50cm部分は本体より撥水に優れた強力な素材を採用

17. アクセサリを簡単に接続

インナーテントやフロア、ドライイングレイルを簡単に接続

18. しっかりした収納バッグ

コンプレッション(圧縮)可能な専用バッグが付属

19. 総重量

生地の強度を犠牲にせず、軽量なテントを目指しました



あなたに合うモデルは?


パフォーマンス、機能、価格・・・。どのテントのバランスがあなたに合っているか、下記内容を参考にお選びください。

素材選び

コットン・ポリエステル混紡素材(CP)

呼吸するため内部で発生した湿気を効果的に外へ逃がすことが可能。
 結露の発生しやすい外気温の低い冬場に有効。
Lightに比べ、より太陽の紫外線を妨ぐことができます。
強い風を伴った細かな雨は内部に染み出すことがあります。
素材は殺虫剤やハンドクリームなどケミカルに弱い。

軽量なナイロン・ポリアミド素材(Light)

CPに比べ格段に軽いため持ち運びが簡単。
CPに比べ風雨に強い(大雨の際は縫い目のシーム処理が必要)。
湿気を通しにくいため結露が発生しやすい。
CPに比べ火の粉に弱い。

※背負って歩く必要がなく常に車で運ぶならCPを選ぶのがベター。

※カラーものが好き、夏だけのキャンピングならLightがおすすめ。

※日射しの強い真夏の使用はインナーテントの併用をお勧めします。


大きさ・サイズ

 使用される人数や設営されるキャンプサイトの状況を考慮してください。家具を使わない地べたスタイルならより小さなサイズを選びましょう。なぜならテントは大きくなるほど雪や風の影響を受けやすくなります。
 ただしオートキャンプなどでフリーサイトでの設営がメインなら、大きなテントほど快適な空間になることは間違いありません。


価格について

 世界標準の定価を設定しています。それでもこのテンティピテントは高価な部類に入るでしょう。

 しかし、どこにでも持ち運べる広大なリビングルームに、最上の快適さを求めるなら決して高くはないと考えます。基本的に生地がメインのテントですので、数年に一度でも撥水メンテナンスを行えば、永久に愛用できるすばらしいテントです。

付属品


  • テント本体(生地)
  • 分割可能なアルミポール(サック付き)
  • ペグ
  • ストームコード
  • ペグダウンの位置を決めるテンプレート
  • コンプレッション機能付き収納バッグ
  • 映像・説明書入りUSB Memory Stick(英語)
  • 日本語レファレンスガイド


ご購入ページはこちらをクリック



ビデオ(English)・テンティピのある風景(スライド)


インストラクション



★テンティピ設営方法★




★テンティピ収納方法★




★テンティピ インナーテント設営方法★




★テンティピ フロアー設営方法★




★テンティピ ストーブインストール方法★




インスピレーション

★雪上★




★大型テント★




★テンティピ テントイメージ★




★テンティピ テントイメージ2★


All BRAND

2015年に誕生した「DYNT COYOTE」はアウトドア・スポーツ・クライミング・スケボー・オリジナルアパレルブランド・防災・防犯アイテム等様々な国外国内アイテムを取り扱っています